「くらわらし」の『せったポンとオケじい』
「くらわらし」の『せったポンとオケじい』

ようこそ。 こちらは、イラストレーター「もりとしのり」が描く

新潟県長岡市『摂田屋』の地域キャラクター『せったポンとオケじい』の公式サイトです。 

 

 メニューの「摂田屋紹介」のページには「摂田屋の案内マップ」もございます。

マップをダウンロードの上、摂田屋に是非お出かけください。


「せったポン」と「オケじい」の紹介


せったポン

摂田屋の蔵に棲み付いた「くらわらし」の子供。

好奇心おう盛で摂田屋界隈のいろんな蔵に出没する。

「オケじい」とはどういう関係か不明だが、仲は良さそう。

一見するとたぬきのようだが、亀の甲羅のようにオケに入っているところが「くらわらし」の特徴である。

くらわらし」は、子供の目には姿が見えるが、金儲けを考える大人の目にはただのオケにしか見えない。
オケじいの元で一人前の「くらわらし」になるべく修行中。

オケじい

これまで100年以上の間、摂田屋界隈の蔵に住んで、蔵を見守って来た「くらわらし」衆の長老。

毛の色は長年醸造の菌に醸されて黒くなってしまった。

神様か、妖怪か不明だが、人に悪さはしない模様。

言い伝えでは「くらわらし」が住む蔵元は代々栄えるといわれている。

古い物が好きで秘密の場所に年代物の骨董(ガラクタ?)をたくさん集めているらしい。